コロナウィルスが及ぼす影響

初めて真面目な記事を書いてみたいと思います

(緊張する)

コロナウィルスが及ぼしている影響や

ウィルスがどうゆう物かは、他のブログや記事を

見て頂けると助かります

坂本が書ける記事は

実際に庶民サラリーマンがどうなっているか、、

(医者、芸能人、飲食店関連以外の人がです)

今の報道に関して

今日現在の各メディアの反応や

政府の対策は、、、

ウィルスで人的に人が死ぬ >>>> 経済的に死ぬ

こんな考え方で報道や対策を取っていると思います

確かに「飲食店の悲痛な叫び」は報道しますが

外出を控えろちいう報道ばかりです。。。

報道で語る人たち

報道でこの問題を語る方は医療従事者が多いと思います

当然、「経済的な死」に対しては興味がないと思います

失業率が何パーセントになろうが関係がないと思います

彼らの収入はどちらにしても安定的ですし

庶民に比べると高いです

(コメントする芸能人も同じくです)

経済的に本当に困っている人、

多少困っている人とは住んでいる次元が違います

経済的な死を理解できているのでしょうか?

報道をいていると凄くショックを受けます

あ/

坂本の周りで起こっている出来事

コロナウィルスによって

仕事への影響を受けています

坂本のお客様は100%法人です

(いわゆるBtoB)

a

会社全体で3,4月と前年比の70%ダウンが見込まれます

これは打合せができない影響は多少はありますが

お客様も先行きが見えないので、

新しい商品を購入できないからです

仕事に最低限必要な物は買いますが

それ以外の物は買えません。。。

(特に大企業になればなるほど、、、)

売上が下がれば、当然会社の経営も傾きます

坂本の会社もこれが5~6年続けば倒産します

(かなり内部留保のある会社ではありますが)

当然、この冬のボーナスはないと考えてますし

リストラもあり得ると思います

消費を控える

給料が下がったり、リストラされたりしますと

消費を控えざるを得ません

特に「家」や「車」などの個人消費は下がります

そして、物が売れないと設備投資がなくなり

設備投資がされないと、それに携わる人の給料が減り、、、

この悪循環が「経済的に死ぬ」という事です

本当に良かったのか?

今の日本は外出を制限したお陰で

200人程度しか死んでいません

(例年、インフルエンザで死ぬ人は1000人程度います)

ただ、外出自粛を行ったので

この程度で済んだと思います

外出を認めていたら、10万人死んだかもわかりません

1000人程度かもしれません

(シミュレーションは多分できないです)

外出を認めていれば、倒産する会社の数は減ったと思います。。。

どの位減ったかもシミュレーションはできません

ただ確実に言える事は

メディアと政策は

ウィルスで人的に人が死ぬ >>>> 経済的に死ぬ

を選んだという事

個人的な対策

仕事上、個人としては「チャンス」と捉えます

理由としては下記です

①会社へ改善や新規の提案が通りやすくなった

景気の悪い時の方が会社では真剣に考えてくれます

②不要だった人材が減る

給料は貰っているが、利益を産まない人がいます

そういった人材はリストラの対象となると思います

そういった人が居なくなることで

会社はスムーズに回ります

③ライバル他社の倒産

まだ現実問題起こってはいませんが

ライバル他社が倒産した場合には、将来的には

売上を上げやすくなります

ここは本当に踏ん張りどころだと思います

坂本個人としては家を建てる予定でしたが

価格下落を見込み1年半は待とうと思います

建てる広さが大きかった分、下落価格は大きくなると予想します

(正直、チャンスとは思っています)

色々個人的な見解を書きました

報道や世の中の流れを変える事はできませんので

流れの中で何がベストか考えて動かないとなと思いました

saka1129
  • saka1129

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です